2010-081234567891011121314151617181920212223242526272829302010-10
FC2ブログ
4人の友達(うち、中1女子も含む)は私の戸籍上の夫のことを呼び捨てで○○○と呼ぶ。
これはとっても嬉しいが、見知らぬ方に強制すれば頭おかしいんちゃう?と思われる。

以前、住んでいたところの隣の方は「主人がね~」とするりとおっしゃっていた。
ここで、「うちのが」とか、「旦那が」はおかしいので、合わせてしゃべる。
私の居心地の悪い口から意を決して出た言葉は
゛すじん゛だった。

ただ、主人は、ある時、ある意味最強の武器となる。
訪問販売やしつこいTEL
「主人に聞いてみないと。」「主人がおりませんので」
不思議と、こういう時は流暢にするりと出るものだ。
おまけに「おほほほ~」と高笑いもつけちゃったりして・・・
秘義必殺主人返し!
これは今後も使わせてもらおう。

ここでもう一度考えてみる。

主人  ご主人さまと敬っていないので、もごもごしてしまう。
夫   普段使っているけど、夫って顔かなあと常々疑問。
旦那  これは子供の頃、祖母と時代劇を明らかに見過ぎたせいで、
     旦那と言えば小間物屋の若旦那とか八丁堀の旦那。。。
     やつの頭に丁髷がのっかてんのを・・・想像してしまうのだ。

ダーリン 吐きそう。
ダー   寝込みそう。

ひとり

長いなぁ~ まだ続くの?
くだらないっ



むか~し、住んでいたマンションの大家さんの奥様が、偶然にも同じ街の出身だった。
当時、結婚はしていなかったけど、その方はくったくなく我々を゛とーちゃん゛゛かーちゃん゛と呼んだ。
これには、かわいくて参った。
だって、自分で言うのは何だけど、その頃、私は若かったもの^^;
地元では、普通に奥さんのことを○○のかーちゃんがさあ~と会話が飛び交っているので当然と言えば当然なのであった。

以前、読んだ本の中で
゛連れ合い゛と記述されていたものがあった。
でも、これは何十年と一緒暮らしているから、かっこ良いのであって、ひよっこには似合わない気がする。

町田康氏がエッセイの中で、よく奥様の敦子さんのことを
゛家人゛と呼ぶ。
これは結構気に入っている。
一般的には広義には家族の意味なんだろうし、私が町田夫妻が好きだからなのであって。。。


結局、こんなのにこだわるのはかなりお暇だー
でも、ずっとひっかかってんのを整理できてすっきりしちゃった。